自分の買った馬券の覚え書きを残そうと思い始めました。 今年は脱・複コロをテーマに、目標「回収率100%」。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兵庫チャンピョンシップ(Jpn2)(GⅡ)・・・園田
2007年05月04日 (金) | 編集 |
GW重賞3連戦もいよいよ最終日です。
昨日のかきつばた記念はメイショウバトラーの見事な復活劇でした。
内々の好位で我慢して最後の直線では内の狭いところを抜け出す。
鞍上の武豊JKは頭に描いたとおりの騎乗が出来たのでは。
それにしてもマイル戦でのバトラーはやはり要注意ですね。

さて、今日行われる兵庫チャンピョンシップ。
JRAからはゴールドキリシマ、ヤマカツブライアン、コートユーフォリア、フェラリーピサの4頭が出走します。

で、おそらくこの4頭で決まるでしょう^^

フェラリーピサはここ2走は芝の重賞で使われてきたが4角までは好位に付けるもののそこからの瞬発力勝負になるとやはりついて行けない。
が、ダートの2戦では上がり36秒台で圧勝。特に3走前のヒヤシンスSでピサノデイラニ、トロピカルライトと3歳ダート戦線での強豪馬に快勝と現在3歳ダート馬では最上位では、と思っています。


ヤマカツブライアンもここ前走は芝の重賞。しかし出遅れた上に見せ場も無く大敗。
しかし、こちらもダートになると一変が可能でしょう。
問題の距離適正ですが調教では長めから追われてますしペース(おそらく落ち着いた)、血統等からもこなせるのでは。

コートユーフォリアが意外と力を付けてきてるのではと思っています。
前々走の芝ではスローペースながらヒラボクロイヤルを押さえての勝利、このレースは展開、ペースが有利に働いた事は否定できないが、前走の毎日杯は稍重とはいえ、あのペースに付いて行き0.5秒差なら確実に力を付けているようです。
ダート戦は未勝利勝ちのレベルではあるが、自在性があり鞍上に武豊JKを配し軽視は出来ない。

最内枠に入ったゴールドキリシマが当然ハナを切るでしょう。
ダート戦は小倉での1000mしかデータが無く対応は未知数です。
うまくスタートダッシュがつけば、ある程度の粘りこみも頭に入れないとならないでしょうが地方の重い砂、スピードが生かせるとは思えません。


話は変わりますが大井のブラックムーンが薬殺されました。浦和での桜花賞レース時の骨折が原因です。あの東京2歳牝馬での豪快な末脚が見れないと思うと残念です。
先日のJRA青葉賞のナタラージャも同じですが、これから楽しみな若駒が故障によりとはいえ薬殺で生涯を終えるというのは心が痛みます・・・合掌


園田10R(15:55) 兵庫チャンピョンシップ(Jpn2)(GⅡ)(ダート1870m)

◎⑪フェラリーピサ
○⑥コートユーフォリア
▲③ヤマカツブライアン
△①ゴールドキリシマ
△⑫ユキノアラシ

3連単(1着固定)11-6・3・1 面白くなくてスミマセン  ノ(´д`)



にほんブログ村 競馬ブログへ


予想の励みになります。ポチッと一発お願いします。



スポンサーサイト
かきつばた記念(Jpn3)(GⅢ)・・・名古屋
2007年05月03日 (木) | 編集 |
GW初戦のかしわ記念の3連複をGETでき良いスタートが切れました^^
この調子で残り2日も乗り切りたい!ですね。

今年は前日にかしわ記念が移った為に有力馬がそちらに参戦。
いささか小粒感があるものの、なかなか骨っぽい好メンバーが揃いました。

かしわ記念に脇目も振らずに得意の1400m一本に絞ってきたリミットレスビットが好印象。
名古屋コースは初登場も、園田の兵庫GT、高知の黒船賞を圧勝と地方に小回りコースを全く苦にしておらずここでもと力を発揮しそうです。
8歳馬だが短期放牧を挟み体調は前走の黒船賞以上と見ています。
ここでも堅軸。

他のJRA勢を見てみると近走不振のメイショウバトラー、初の地方コースに得意距離より1F延長が不安のサチノスイーティー、近走1800~2000mで使われているクーリンガーとJRA勢とはいえここは地方馬にも付入る隙がありそうです。

で、地方勢ですが地元名古屋勢が中心です。

キングスゾーンは佐賀記念、黒船賞でも3着と地方交流戦での経験、成績は一枚上手。
近走ダイオライト記念2400mから黒船賞の1400mとかなりの守備範囲の広さだが良積が集中しているのが今回の1400m。
しかも絶好の外枠を引き当て(名古屋コースは圧倒的外枠有利)他の有力馬を見ながら競馬を出来そうです。

前走名古屋大賞典では2着に入りアッといわせたムーンバレイ。
名古屋では(15-3-0-1、着外は初の交流戦となった名古屋GP)のコース相性の良さ。
こちらも近走はマイル以上を使われているが1400mは(6-0-0-2)。
調教を見る限り好調は持続しているようです。

前走でキングスゾーンを破ったマサアンビションもこの距離なら軽視はできない。
昨年まではJRAの準OPでも勝鞍を上がるなど計6勝と実績は確か。
去年2月のなにわSでは、その後重賞を取ったのスリーアベニュー(その重賞で破ったのがリミットレスビット)なら価値がある。
地方移籍4戦目、交流戦は2戦目でコース慣れも見込まれ、得意の1400mなら面白い存在です。

交流戦の常連レイナワルツも近走はパッとしないが今回は強めの調教で時計を出しています。地の利を生かせるか。

川崎から参戦のロッキーアピールは去年のこのレースの覇者(2着はプリサイスマシーン!)
前走の黒船賞では4着に入るなど力は認めますが、上積みは?、今回先行激化のハイペースは必至と見てますので展開的にも苦しいか。



名古屋10R(16:00) かきつばた記念(JpnⅢ)(GⅢ)(ダート1400m)

◎⑤リミットレスビット
○⑪キングスゾーン
▲⑨マサアンビション
△⑥ムーンバレイ
△①メイショウバトラー
△⑩クーリンガー

3連複(1頭軸)5-11・9・6・1・10
枠単7-8、8-7



にほんブログ村 競馬ブログへ


予想の励みになります。ポチッと一発お願いします。



かしわ記念(Jpn1)(GⅠ)・・・船橋
2007年05月02日 (水) | 編集 |
GW重賞3連戦の初戦。
あいにく仕事の為にLIVEでは楽しめないが。

さて船橋で行われるマイル戦、フェブラリーSの1、2着馬を地方の雄がホームで迎え撃つ楽しみであり、ハイレベルな1戦になりそうです。

軸には交流戦5勝のブルーコンコルドを選びたい。
このところ2000m前後で使われる事も多いがベストはやはりマイル戦。
以前は左回りはもたれる為に不得意の印象があったが、充実期の現在はその不安も解消。
調教でも早い時計を出しており前走からの巻き返しは必至と見ています。

サンライズバッカスは約3ヶ月ぶりとなるが、前走フェブラリーSではブルコンに快勝。
やはりマイル戦がベストで今が充実期。
調教でも2週続けての併せ馬を行うなどミッチリ消化。久々でもでき落ちは無さそうだ。

ホームで迎え撃つ地方の雄アジュディミツオーはこのところ消化不良なレースが続いているが、調教時計を見る限りは調子は上向きと見てます。
大目標は来月の帝王賞だが、ここでも無様なレースは無いでしょう。
昨年のこのレースではブルコンに圧勝、ホームアドバンテージ生かしてここも好勝負。

この3強の力は一枚上と見てます。

その他では転厩2戦目組に注目。
JRA→船橋のナイキアースワークは前走+26kgと川島厩舎流の変身で地方馬デビューを見事に3着。
今回ユニコーンSを勝ったときと同じく得意のマイル戦、叩き2走目、上積みは確実にありそうです。

一方、大井→JRAのボンネビルレコードの中央デビュー戦は芝のOPでシンガリ負けも、58Kg背負っての初芝なら致し方無しか。今回は鞍上に武豊JKを配して慣れ親しんだ南関ダート戦(船橋は以外にも初登場だが)。
末脚は確実なだけに展開次第では。

後、こちらは転厩初戦になるディープサマーも川島流の仕上げで+20Kgは確実。
併せ馬では寮馬ナイキアースワークを凌ぐ走りを見せてます。
初ダートと力は未知数ですが、脚抜きの良い馬場で時計勝負になれば・・・大穴で一考。

船橋10R(16:15) かしわ記念(Jpn1)(GⅠ)(ダート1600m)

◎⑩ブルーコンコルド
○⑭サンライズバッカス
▲②アジュディミツオー
△④ナイキアースワーク
△⑬ボンネビルレコード
△⑨ディープサマー

3連複(1頭軸)10-14・2・4・13・9

にほんブログ村 競馬ブログへ


予想の励みになります。ポチッと一発お願いします。



マリーンC(JpnⅢ)・・・船橋
2007年04月04日 (水) | 編集 |
3度目の対決になるトーセンジョウオーとサウンドザビーチの一騎打ちか。
前走エンプレス杯では鞍上内田博JKの気迫溢れる騎乗で押し切ったトーセンジョウオー、船橋転厩後は交流重賞を3戦消化して2、2、1着と安定感は抜群。今回のマリーンCは2年前に制したレースだが、その時よりも今回の方が状態は上と見てます。問題は57kgの斤量だが高いレベルで馬体を維持している今なら乗り越えそうだが。

今年に入ってから2戦続けて交流重賞に使われているサウンドザビーチ。今年初戦のTCK女王盃ではトーセンジョウオーを豪快に差し切って快勝。前走は内で揉まれスタミナを消耗したのか最後の伸びは案外でした。3着と聞けばまずまずだが初ダートのフサイチパンドラに5馬身差の完敗。しかし今回は大井に次ぐ直線の長い船橋に変わってのマイル戦なら見直しは必要でしょう。

その他ではJRA勢のミリオンベル交流戦は初登場だが今回3ヶ月ぶりを叩いての牝馬限定戦。鞍上は武豊とは好相性(ダートに限れば4-2-1-0)最近乗れてきた天才、一発あっても。

前走準OP戦で豪快に差し切ったサヨウナラ。3走前はスナークファルコン、2走前はマルブツリード相手に0.5秒差なら前走の勝ちはフロックでは無いと見てます。しかも鞍上は安勝JK、不気味ですね^^;

この前の名古屋大賞典が良い例ですがJRA勢は人気薄でも常に注意すべきですね。

地方勢に目を向けるとTCK女王盃で僅差の3着だったクリムゾンルージュに注目です。このところマイルから1800辺りで安定した力を出していますし、早くからここを目標に仕上がり十分です。3歳時にはJRAの芝のレースで2、3着した事のある素質馬です(その時の勝馬はフサイチパンドラ、サチノスイーティーなら)。今回船橋のマイル戦とほぼベストの条件です。以外にも2強の一角崩しはこの馬かも^^


船橋10R マリーンC(JpnⅢ)(ダート1600m)

◎⑪サウンドザビーチ
○⑥トーセンジョウオー
▲⑧クリムゾンルージュ
△④ミリオンベル
△②サヨウナラ

3連単11・6-11・6-8・4・2


にほんブログ村 競馬ブログへ


予想の励みになります。ポチッと一発お願いします。



平日の地方競馬
2007年03月28日 (水) | 編集 |
現状ダート界でトップを行く、ブルーコンコルド。GⅢのここを59kgで出走出来るなら大本命か。
本来は典型的な短距離からマイルまでと思われていたが、去年の東京大賞典で2000mを軽くクリアなら。
直線が200mを切る短さ、早め早めの仕掛けが必要だが、2005年のJBCスプリントでコース経験(1着)があるのも好感が持てる。しかも名古屋競馬場は極端な外枠有利、これなら、か。

相手には前走、交流初戦のダイオライト記念でクーリンガー、サイレントディール相手に快勝。
JRAの勢いそのままに突き抜けた印象。今回58kgは少し見込まれた感じだが、裏を返せばこれ位の力はあると言う事。
距離的にはブルコンよりもこちらを取りたいが。鞍上がテン乗りになる岩田JKということで少し減点。
サイレントディールの前走は早めに動いた結果、最後は甘くなり4着。だが今回は1900mで巻き返しは必至なのだが、この馬の最大の敵はムラがある走り。どうも掴みづらいだよなぁ。はまった時は2走前の佐賀記念の走りも出来うのだが。

さて、地方勢だが。初期段階ではウイニングウインドやレッドストーンも出走予定に入っていたのでJRA勢を迎え撃つ名古屋オールスターの戦いと一人盛り上がっていたのだが、先の2頭が回避で今回レイナワルツとムーンバレイ。冷静な考えると力関係は・・・54kgで出るレイナワルツに期待したい。
GⅡ、GⅢ戦でも相手なりに走るビックドン。JRA5勝のタガノインデイの元JRA勢にもチャンスありか。

名古屋10R 名古屋大賞典(GⅢ)(ダート1900m)

◎⑪ブルーコンコルド
○⑥キクノアロー
▲③サイレントディール
△②ビックドン
△④アルドラゴン
△⑦レイナワルツ
△⑧タガノインディ

馬単⑪-⑥③、⑥-⑪③

も一つ、大井で行われる京浜盃を。馬券的にはこちらか。
この中にフリオーソが入っていないのが寂しいが・・・
この中では北海道からの転入3頭に注目したい。
軸にはアートルマン。北海道ではアンパサンド、トップサバトンに実績では及ばないが南関転入後は4連勝。
現在勢いでは一枚上だが、今回相手関係が一気に強化される。試金石の1戦か。
北海道2歳優駿の勝馬トップサバトンは久々で転入初戦。兵庫JGでも2着と実績は確かだが久々の分、割引。
転入後は3着続きのアンパサンドは北海道2歳で2着。全日本2歳優駿ではフリオーソの0.4秒差の3着、前走は不利も有り
脚を余す形で0.2秒差の2着と力関係はここでも上位。

大井10R 京浜盃(G2)(ダート1700m)

◎⑧アートルマン
○⑬アンパサンド
▲⑤トップサバトン
△④レットドラゴン
△⑦ザマローレル

馬単⑧-⑬⑤④⑦

にほんブログ村 競馬ブログへ


予想の励みになります。ポチッと一発お願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。