自分の買った馬券の覚え書きを残そうと思い始めました。 今年は脱・複コロをテーマに、目標「回収率100%」。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第6回サマーチャンピオン(佐賀競馬)
2006年08月15日 (火) | 編集 |
圧倒的にメイショウ2頭優位のレース。
まずメイショウバトラー長期休養明けからゆったりしたローテ、前走プロキオンSでシーキングザベストに快勝、今回斤量、相手にも恵まれ軸は堅い。

メイショウボーラーはハンデ59kgがどうか。近走ダートスタートでの出遅れが気になるが、このメンバーでは一枚上。調教も順調でスタート次第。

ワンダーハヤブサは距離不足感があるが先行馬なので問題無し、前走では粘り強さも見せており、スムーズに先行するようなら粘り込みも。

ニホンピロサートは5ヶ月間の休養明けになるが調教を見ると急仕上げ感は否定できない。8歳になった今年は過大評価は禁物だ。

地方馬に目を向けてみると地元のイカルガが人気を集めそう。たしかに前走、吉野ヶ里記念を勝ち短期休養明け2連勝、得意の距離、先行馬が多い中での差し脚等、買いの条件はある。

10歳になったタイキシリウスは近走イカルガに2連敗中だが差は無い。今回最内枠を取り、道中もスムーズにレースを運ぶことが出来れば面白いが夏場は得意としてないので・・。

さて穴で考えたいのが名古屋から参戦のケイアイダンシング前走の名港盃は少し距離が長すぎた。ベストは1400~1600mで今回距離が短くなり、追いきり等から好調を持続しており、前で競馬が出来るようだと一発も。

◎④メイショウバトラー
○⑪メイショウボーラー
▲⑤ワンダーハヤブサ
△1①タイキシリウス
△2⑥イカルガ
△3②ニホンピロサート

3連単 ④=⑪-⑤かな今回JRA勢との差が有りすぎるような・・
馬券的には見送り、レースを楽しみたい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。