自分の買った馬券の覚え書きを残そうと思い始めました。 今年は脱・複コロをテーマに、目標「回収率100%」。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兵庫チャンピョンシップ(Jpn2)(GⅡ)・・・園田
2007年05月04日 (金) | 編集 |
GW重賞3連戦もいよいよ最終日です。
昨日のかきつばた記念はメイショウバトラーの見事な復活劇でした。
内々の好位で我慢して最後の直線では内の狭いところを抜け出す。
鞍上の武豊JKは頭に描いたとおりの騎乗が出来たのでは。
それにしてもマイル戦でのバトラーはやはり要注意ですね。

さて、今日行われる兵庫チャンピョンシップ。
JRAからはゴールドキリシマ、ヤマカツブライアン、コートユーフォリア、フェラリーピサの4頭が出走します。

で、おそらくこの4頭で決まるでしょう^^

フェラリーピサはここ2走は芝の重賞で使われてきたが4角までは好位に付けるもののそこからの瞬発力勝負になるとやはりついて行けない。
が、ダートの2戦では上がり36秒台で圧勝。特に3走前のヒヤシンスSでピサノデイラニ、トロピカルライトと3歳ダート戦線での強豪馬に快勝と現在3歳ダート馬では最上位では、と思っています。


ヤマカツブライアンもここ前走は芝の重賞。しかし出遅れた上に見せ場も無く大敗。
しかし、こちらもダートになると一変が可能でしょう。
問題の距離適正ですが調教では長めから追われてますしペース(おそらく落ち着いた)、血統等からもこなせるのでは。

コートユーフォリアが意外と力を付けてきてるのではと思っています。
前々走の芝ではスローペースながらヒラボクロイヤルを押さえての勝利、このレースは展開、ペースが有利に働いた事は否定できないが、前走の毎日杯は稍重とはいえ、あのペースに付いて行き0.5秒差なら確実に力を付けているようです。
ダート戦は未勝利勝ちのレベルではあるが、自在性があり鞍上に武豊JKを配し軽視は出来ない。

最内枠に入ったゴールドキリシマが当然ハナを切るでしょう。
ダート戦は小倉での1000mしかデータが無く対応は未知数です。
うまくスタートダッシュがつけば、ある程度の粘りこみも頭に入れないとならないでしょうが地方の重い砂、スピードが生かせるとは思えません。


話は変わりますが大井のブラックムーンが薬殺されました。浦和での桜花賞レース時の骨折が原因です。あの東京2歳牝馬での豪快な末脚が見れないと思うと残念です。
先日のJRA青葉賞のナタラージャも同じですが、これから楽しみな若駒が故障によりとはいえ薬殺で生涯を終えるというのは心が痛みます・・・合掌


園田10R(15:55) 兵庫チャンピョンシップ(Jpn2)(GⅡ)(ダート1870m)

◎⑪フェラリーピサ
○⑥コートユーフォリア
▲③ヤマカツブライアン
△①ゴールドキリシマ
△⑫ユキノアラシ

3連単(1着固定)11-6・3・1 面白くなくてスミマセン  ノ(´д`)



にほんブログ村 競馬ブログへ


予想の励みになります。ポチッと一発お願いします。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。