自分の買った馬券の覚え書きを残そうと思い始めました。 今年は脱・複コロをテーマに、目標「回収率100%」。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セントウルS(GⅡ)・・・今週の重賞展望
2006年09月08日 (金) | 編集 |
こちらも中京での代替開催。
しかもサマースプリントシリーズ最終戦で優勝の可能性が有る馬が5頭に外国馬1頭参戦、そしてスプリンターズSの前哨戦と混戦模様だ。

再度期待したいシーイズトウショウだが今回窮屈なローテーションが鍵を握りそう。中1週で札幌から中京へ、陣営も木曜日の追い切りを見てから出否を決めるという慎重ぶりだった。体調万全なら力的には一枚上だが・・・。

前走、札幌で快勝のロードアルティマは時計以上(0.2秒差)の強さだった。長期休養明け後は(5-1-2-0)と使い込みながら上昇中、今回武豊騎手に戻った素質馬、稽古も順調で今回軸候補。

現在グローバル・スプリント・チャレンジで首位独走のテイクオーバーターゲットが不気味だ。ボーナスの100万ドルを勝ち取るにはスプリンターズSか香港スプリントのどちらかを勝たなければならないが(3か国でのGⅠ勝利が条件)ポイント獲得の為にも今回のレースで勝ちに来るだろう。南半球のスプリントレーティングではサイレントウィットネスに次ぐ2位と実力馬。来日10日でのレースはマイナス条件だが力があることは確かだ。

同一レース3連覇の懸かるゴールデンキャストだが左回りがサッパリ(0-0-0-10)これが阪神ならと思うが。しかし暑い夏に全8勝中6勝と典型的な夏馬。今回は取り扱いに困りそうだ。


マルカキセキ等3頭出しの瀬戸口厩舎はいずれも左回りが不得意。しかもマルカキセキに限ってはここで勝たないとスプリンターズSへの出走も消えてしまう。ここで一分張りできるか。

ネイティブハートは逆に典型的な左回り巧者、1200mもベストで穴で注意が必要。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。