自分の買った馬券の覚え書きを残そうと思い始めました。 今年は脱・複コロをテーマに、目標「回収率100%」。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京成杯オータムハンデ(GⅢ)・・・今週の重賞展望
2006年09月08日 (金) | 編集 |
中山競馬が開幕するといよいよ秋競馬開幕という雰囲気になりますね。


開幕週に行われるハンデ戦だがここ10年でハンデ頭馬が掲示板を外した事は無くそこまで神経質になる必要はない。

前走、関屋記念で軸に推したペールギュントだが結果は6着。しかし上がり3Fの時計はメンバー最速の32秒8は評価出来るだろう。喉の手術から順調に回復したのがうかがえる。今回新潟で絶好調だった蛯名騎手に乗り替わりも好条件。

マイネルスケルティは3歳馬でマイル戦に限っては力上位だろう。4ヶ月の休み明けは初めてだが、馬体が強化され良い稽古が出来ている。初めての古馬相手になるがハンデも恵まれ、いきなりでも好勝負か。

インセンティブガイも久々になるが、しっかりと稽古が出来ており、中山は得意。ただ鉄砲が利くタイプでは無いのがマイナスか。

同じく長期休養明けになるファーカルポイント、こちらもジックリ乗り込まれ太目感は無いようだが、こちらも鉄砲が利かないタイプ。中山もあまり得意としていない。

3連覇の懸かるマイネルモルゲンの調子が今ひとつ。だが前走休み明けで58kgを背負いダートに使われたが終いの脚は確かで、今回芝に変わり57.5kgなら中山との相性(5-1-0-7)でなんとかなるのでは。

前走初のマイル戦で変わり身をみせたカンファーベスト元々ズブイ馬だが距離短縮が功を奏したか。引き続き稽古も良く注意が必要だ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。